• 芦田整体療術院

薬の副作用で新たな病気に?!


昨日のご年配の方のお話しですと

1年前からなんとなく調子が悪くて病院へ





その時は特に病名は付かなかったが

処方された薬を飲んでいると

さらに目まいや意識が飛ぶことが増え





疲れやすく倦怠感が増し

幻覚が見えるまでになり

これはちょっとおかしい・・・という事で

診てもらったら

新たな病名(難しい病名で聞いたけど忘れました)を言われたそうで

その薬が強過ぎたみたいだと仰っていました

すぐにその薬は捨ててしまわれたそうです。





なので

なんとなく体調が優れない・・・などの場合はなるべく

対処療法がメインの西洋医学だけに頼るより

整体や鍼、その他自然療法など

東洋医学も取り入れた方が良い・・・とお伝えしました。




薬は石油から出来ているものがほとんどです

わたしたちの身体では処理できずに蓄積し

排出されないので溜まっていき

それが血流を悪くする原因の一つになり兼ねません





その方の年齢は70歳

本来なら

もう少し体力があって良いし

もっと若々しくいられるはずですが

かなり体力は落ち

見ていてもとても不健康そうです




人生100年時代・・・とも言われますが

長生きしても

調子が悪くて

たくさんの薬を飲みながら長生きするより

心身共に元気で色んな所に出掛けられて

美しい景色を観て

大好きな食べものも美味しくいただき

人生を楽しみたいですよね!





その為にも

今までの概念や常識を捨てて

本当にカラダやココロが喜ぶことは何なのか?





せめて

自分のカラダとココロの事ぐらいは

知って

改善できる所から変えていっていただきたいですね!





当院では施術だけでなく

お一人お一人に合う健康維持の為のアドバイスもしています

是非ご来院時にご相談ください(^^)/